リノベ現調

 


泉北ニュータウン。リノベーション前提で購入予定のマンションの部屋をお施主様と一緒に拝見しました。まだ現在の入居者さんが住んでおられるので事前に気になる箇所をピックアップして手短に。


壁紙やフローリングを貼りかえる、ミラーキャビネットを入れ替える、といった修繕リフォームなら事前の下調べは不要ですが、本格的なリノベーションを行おうとするほど、構造(柱梁の位置や大きさ、スラブの上がり下がり)や設備(給排水・ガス・換気・空調・電気の配管配線)の見えない箇所を把握しておくことが重要になります。


今回も現況図からおよその構造と設備配管ルートを想定していましたが、その通りだったところもあり、予想が外れていた箇所もあり。計画に大きく響くような問題はなかったので予定どおり進めることができそうです。




現場調査




奈良県大和高田市。鉄骨造オフィスビルの一棟リノベーションのご相談を頂き、現地調査に行ってきました。築年数はそれほど古くないものの、長い時間放置されていたために屋上の防水が切れ、若干痛みも目立ちます。費用を抑えながらどうやって再生させるか、なかなか難しい計画ですが、ここは「建蓄」設計事務所の腕の見せ所。がんばりたいと思います。





屋上から。付近にあまり高い建物がないので、360度奈良盆地が見渡せます。(写真は葛城山〜金剛山〜五條方面)。今回の計画では直接屋上を活用する予定はありませんが、地元民にとっては一日中眺めていても飽きない素晴らしい景色でした。




設計施主検査

 


旭区のスキップフロア住宅。役所の完了検査も終わり、竣工まであと一息です。我々設計事務所の竣工検査とお施主さま検査を行いました。


家全体を回って、傷や汚れなどがないかチェックしていきます。気になるところは付箋やテープで印をして、完成までに手直しをお願いします。




Jack全国リフォームコンテスト入賞

 


弊所が設計監理したマンションリノベーション、「引き算の家」が2014 Jack全国リフォームコンテストに入賞しました。贅沢な材料や特殊なコンセプトがなくても、シンプルで合理的なデザインを心がけるだけで、十分気持ちの良い空間は出来るということを勉強させて頂いた物件なので、こうやって評価を頂くことは大変励みになります。ありがとうございました。


特設サイト: http://contest.glosswith.co.jp/


床タイル検討中。




タイル選びは、カタログだけでは色味や質感が分からないため必ずサンプルを取って確認します。最初は漠然と色味やサイズから選ぶためたくさん候補があるのですが、一緒に並べて比較するとイメージにしっくりくるものは案外少ないものです。


候補が絞れると次はそれをCGに当てはめてみて、実際に大きな面積になったときの感じや他の素材との相性から最終的な一つを決定していきます。