スポンサーサイト

  • 2016.03.03 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    一年点検

    • 2013.05.25 Saturday
    • 18:51



    奈良県生駒市U邸。工務店さんと竣工後一年点検にお伺いしました。外は暑かったですが、リビングにいると心地いい風が吹き抜けていきます。


    問題箇所の手直しと、新たに棚板をいくつか増設しました。少ない収納スペースを効率良く使って頂いていますが、さらに収納力UPを図ります。


    sisii

    • 2013.04.19 Friday
    • 04:35



    消防に行ったついでに、最近神戸にできたケンチクカ物件を散策しました。ブティックとオフィスのコンプレックス。設計は永山祐子氏。





    わざと溶融亜鉛メッキ鉄板の床面でフロアレベルを上げてその下に土と植栽を入れています。建具の引手はフラットバー。これはナイスディテールですね。 





    内部。鉄板の床はカッコ良いなあ。うちもいつかやりたいと狙っています。ちなみに画面の奥の方は鏡貼です。


    生駒の家・現場

    • 2012.02.19 Sunday
    • 03:50
    外壁の塗装が進んだ現場を視察。なかなかよい感じに出来上がっております。





    内部も急ピッチ工事中。内壁が貼り終わって部屋のボリューム感がつかめるようになりました。





    JUGEMテーマ:建築

    六甲ミーツ・アート2011

    • 2011.10.01 Saturday
    • 00:04
    六甲山で開催中のアートイベント。
    ついでのついでに高山植物園エリアとオルゴール博物館エリアを駆け足で廻る。



    森の陰影|畑友洋&萬田隆


    ふたりの家|角野晃司


    amplitude 振幅するかすかな灯り|北川 貴好



    踊るフォーク&ナイフ(森の欲望)|岩田 浩史


    熱心にパンフ片手に巡礼する学生がチラホラ。
    ゆっくりと時間をかけて一見訳が分からない作品を眺めてあれこれ思索する。
    そういう時間も学生には貴重ですね。


    http://www.rokkosan.com/rokkomeetsart2011/

    JUGEMテーマ:建築/旅

    六甲枝垂れ

    • 2011.09.29 Thursday
    • 10:46

    六甲山の山頂付近に最近新しくできた展望施設、「六甲枝垂れ」。
    JIA主催のコンペで最優秀賞に選ばれた案が実際に建ったものです。


    上半分はアミアミのドーム。


    大きい骨組みはスチールで、小さい骨組みは木でつくられている様子。冬場は樹氷がこの骨組みに張り付くらしい。



    アミアミドームの中心は、巨大タジン鍋のようになっています。


    下層へむかう通路。



    山側へ開けたスリット。ガラスは入っていません。
    空間的にはここが一番効いてました。犬島の精錬所を彷彿。



    下層。タジン鍋の底です。周囲から氷の融水が出てきて、じんわり冷房を効かすしくみ。今の時期は稼動していませんでした。



    下層から見上げ。円筒の一番上には孔が空いています。ベンチュリー効果で空気が上に流れて換気するしくみ。


    中層部分。ここだけガラスが入っていて屋内です。


    ドアのおさまり。ここにも何やら噴出し口が見えます。



    外観。六甲ミーツアート開催中につき、ヌエが巻きついています。(赤いやつ)


    超環境型建築。写真でみてもイマイチ全容がつかめないのですが、行って見て納得。夏場、冬場それぞれどうなるのか、また来てみたいです。


    設計|三分一博志/三分一博志建築設計事務所
    JUGEMテーマ:建築/旅

    旧山邑邸|フランク・ロイド・ライト

    • 2006.02.05 Sunday
    • 23:08

    芦屋市ライト坂。旧山邑邸は日本国内に現存するフランク=ロイド=ライト作品の中で最も保存状態の良いものだという事です。現ヨドコウ迎賓館。


    本当に、写真集などで見たまんまのライト作品。こんな身近で名作を拝めるとは!


    外壁の大谷石は経年変化でかなり風化していますが傷みがひどい部分は同材で補修されてよく手入れされている様子です。


    車寄せから南面?に開けたテラス。ベンチやパイプ椅子など、若干無粋な家具も見受けられてちょっと不満…。ライトといえば細かな家具・什器に至るまでデザインし尽すイメージがあるので余計に。


    細部の意匠はサスガの仕事。
    有機的といえば有機的だし、実際見るとライトもアール・ヌーボーだと言われれば、うーん確かにそうかもしれない。


    屋上テラス。


    芦屋浜が一望できます。


    現在、国の重要文化財です。コルビュジエ建築を世界遺産に、という話がありますからそのうちライトもなるかもしれませんね。京都の寺みたいに消化設備を仕込むぐらいはやって欲しいです。(ひょっとしたら既にやってるのかもしれませんねえ)

    設計|フランク・ロイド・ライト
    所在|兵庫県芦屋市山手町3-10
    URL|http://www.yodoko.co.jp/geihinkan/
    JUGEMテーマ:建築/旅

    RIN'S GALLERY

    • 2005.11.11 Friday
    • 23:07
     <table border = 0 width = "100%"><tr><td width = 320><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6d/60/41948d7caac8fb3fbcdd9f450f803931.jpg" align></td><td valign = "bottom"><font size = 2>神戸北野町。<br>
    あまり時間がなかった為ざっと見回した程度。<br>
    <br>
    RIN'S GALLERYは安藤初期の作品。<br>
    煉瓦タイルを使ったものは同じく北野町のROSE GARDENなど僅か。<br>
    これはこれで悪くないと思うのだけど。<br>
    </font></td></tr><tr><td><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0a/13/d147bdf388d23693396a44a8016013d0.jpg"></td><td valign = "bottom"><font size = 2>この辺りは何度も訪れているのだが、<br>
    未だにゆっくり建築を見てまわったことがない。<br>
    <br>
    北野町は代官山とはまた違った方法で、<br>
    建築家が街・または街のイメージを創りあげた例だと思っている。</font></td></tr><tr><td><img src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/45/65/9567ad20a9c8f89d0763988ced69922c.jpg"></td><td valign="bottom"><font size = 2></font></td></tr></table>

    植村直己冒険館

    • 2000.10.06 Friday
    • 23:49












    出石町役場

    • 2000.10.06 Friday
    • 23:47



    出石中学校

    • 2000.10.06 Friday
    • 23:45

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << May 2016 >>

    mobile

    qrcode

    recommend

    Gil e Jorge
    Gil e Jorge (JUGEMレビュー »)
    Gilberto Gil,Jorge Ben

    recommend

    recommend

    Elis & Tom
    Elis & Tom (JUGEMレビュー »)
    Antonio Carlos Jobim & Elis Regina

    recommend

    ゲッツ/ジルベルト
    ゲッツ/ジルベルト (JUGEMレビュー »)
    スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト,アストラッド・ジルベルト,アントニオ・カルロス・ジョビン,トミー・ウィリアムス,ミルトン・バナナ

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM